未分類

その増大は間違った方法かも!正しいペニス増大方法を紹介!

増大は正しい方法で行えば、徐々に効果が期待できます。

しかし、一方で間違った方法で増大を行うと、効果が見込めません。

仮に効果が見込めないだけなら、時間をムダにしただけで、正しい方法で増大をやり直すだけ。

注意したいのは、ペニスに傷や負荷をかける間違った方法では、もう増大ができなくなることも。

下手をすると、性機能にも影響を及ぼすことだってあるんです!

そこで、あなたは正しいペニスの増大の方法を知っていますか?

知らずのうちに、リスクの高い間違った方法をしていませんか?

この記事では、ついやってしまう増大の間違った方法と、効果の出る正しい方法を紹介します。

まずは基礎知識から!ペニスの構造や仕組みは?

間違った方法で増大している方の多くは、ペニスの構造や仕組みを知らない方が多くいます。

普段見慣れたペニスでも、どうなっているかは意外と知らないもの。

そこで、間違った方法で増大しないためにも、ペニスの構造や仕組みから学んでいきましょう。

ペニスの構造はどうなっている?

これはすでに実感しているかもしれませんが、ペニスには骨がありません。

骨がないのは非常に珍しく、他の哺乳類や人間に近いサルには骨があるんですね。

骨の代わりになるのが、ペニスの中にある海綿体。

この海綿体はスポンジの役割を持っていて、水の代わりに血液が充満することで勃起できます。

海綿体には、たくさんの毛細血管があり、血液の充満度合いにより、勃起や硬さも変わる構造になっています。

ペニスが増大する仕組みは?

前の内容でも説明しましたが、海綿体と毛細血管が重要な役割を持っています。

でも、それだけでは勃起や増大はできないんですね。

他に重要なのは、血液や血管が健康であること。

逆に血液のめぐりが悪く冷え性の状態では、体の不調を起こしやすいように、ペニスの増大にも影響するんですね。

つまり、増大にはサラサラとしたキレイな血液と、詰まりのない丈夫な血管、この2つが必要不可欠です。

すでに増大を実践していても効果がない場合、ここで説明した内容に作用していない、間違った方法かもしれません。

【要注意】間違った方法で増大をするとこんなリスクが!

増大には、正しい方法と間違った方法の2つがあります。

「ずっと行っているのに効果が出ないな」

そのように感じていたら、間違った方法で増大をしている可能性大!

では、間違った方法で増大を行うと、どんなリスクがあるのか紹介します。

損傷やケガをする

増大を実践していて、痛みを感じている場合。

そのまま続けていると、ペニスに傷やケガを引き起こすかもしれませんよ。

ペニスは、とてもデリケートな部位。

間違った方法で増大したために、病院で治療してもらった。

そのような恥ずかしいことにもなりかねませんので注意してくださいね。

性機能に障害が出る

ペニスには、生殖機能や神経がたくさんあります。

ここが傷つくことで、性機能に障害の出る可能性大。

生殖機能にダメージが出ると、男性ホルモンや精子の生成に影響が出ます。

そうなると、男性が原因による不妊を引き起こすことも。

また、神経が傷つくと、勃起障害にもなります。

そうなると勃起できなくなるばかりか、セックスも楽しめなくなることに。

こうなってしまっては、もう男としての役割もなくなってしまいます。

当然ですが、増大にも影響が出てしまうんですね。

このような状況にならないためにも、間違った方法での増大はすぐにやめて、リスクのない正しい方法で行いましょう。

この増大は正しい?間違った方法?全3つ紹介

巷には、いろんなペニス増大がありますが、全部正しいとはかぎりません。

そこで、代表的な増大方法について、正しい方法なのか、間違った方法なのかを3つ紹介します。

オナ禁

オナ禁をすると、性機能に関わるテストステロンが増えます。

とはいっても、増えるピークはせいぜい7日目まで。

その後は徐々に減ってしまうため、増大に効果はありません。

しかもオナ禁を続けると、性機能低下など悪い影響が。

結果的に勃起や増大に悪い影響が出てしまうため、間違った方法になります。

ペニスをゴムで縛る

ペニスを輪ゴムで一時的に縛り、外して一気に血流を流すことで、増大する方法です。

結論としては、間違った方法であり、しかも超危険。

輪ゴムで縛るということは、血流が悪化し、最悪ペニスの細胞が壊死するリスクもあるからなんですね。

まるで、正座して足がしびれて、何も感じなくなったのと同じ状態。

そのような状態が続いたら、ペニスに悪い影響が出て、性機能にも大きな問題が出てしまいます。

ED治療薬や精力剤を使う

ED治療薬は、長時間の勃起を維持する効果が期待できます。

また、精力剤は、スタミナや性欲増強に効果が期待できます。

ただし、どちらも間違った方法で増大の効果はなし。

ED治療薬は、勃起維持に高い効果はあるものの、服用を続けて増大する効果はないからなんですね。

また、精力剤でいくらセックスの持続時間が長くなっても、同様に増大の効果はありませ
ん。

どちらも性機能に大きく関わるものの、増大という点から見ると、意味合いや役割が異なります。

増大を実践する前に確認したい3つのこと

正しい方法で増大を行うことで、徐々にペニスのサイズも変わってきますよ。

とはいっても、効果が期待できるまでは、個人差があるもの。

そこで、増大を実践する前に、3つのことをチェックしておきましょう。

事故などでペニス周辺に損傷がないか

とくに神経に損傷があると、増大の効果が見込めないことも。

増大は勃起にも大きく関わる部分です。

もし、神経に損傷があると、勃起が不完全になることがあります。

そのような状態で、増大を実践すると、さらに傷をつけてしまうリスクも。

そのため実践する際には、慎重に対応を行ってくださいね。

心血管系の病気を患っていないか

代表的なのは、生活習慣病に関連する糖尿病があります。

糖尿病になると、血液がドロドロな不健康な状態に。

あわせて、ペニスを含む血管に損傷が起きていることもあります。

そのため、増大の効果が期待できるまで、時間がかかることも。

生活改善や薬による治療を行いながら、実践するようにしてくださいね。

精神的な病気やトラウマがないか

うつ病や心に深い傷やトラウマがある場合、ペニスの増大や勃起に影響します。

精神的な病気になると、やる気や行動に関わる、興奮物質が大幅に抑制されることに。

物理的な損傷はないものの、やはり効果が期待できるまで時間がかかることもあります。

まずは、ストレスや心の病の解消を最優先して、じっくり取り組むようにしてくださいね。

リスクなくできる正しい増大の方法

先に紹介した増大の方法は、残念ながら間違った方法。

完全に否定はできませんが、増大効果に時間がかかる、またはリスクがあるなど、誰でも実践できないからなんですね。

「そうなると増大を諦めないといけないの?」

そう思われたかもしれませんが大丈夫!

もっとも手軽でリスクなくできる正しい増大の方法があるんです。

その方法とはズバリ、増大サプリです。

なぜ、増大サプリが正しい増大の方法なのかを簡単に紹介しますね。

増大が期待できる成分が高濃度だから

増大に必要な必須成分は以下の2つ。

・シトルリン
・アルギニン

これらの成分が高濃度に配合され、ペニスの血流量をアップさせてくれます。

他にも勃起維持に必要となる、一酸化窒素の分泌も促進するなど、性機能に大きく働きかけてくれるんですね。

また、増大サプリによっては、精力剤に含まれる成分が高濃度に配合されているものまで。

つまり、増大と性欲アップのダブルの効果が期待できるんですね。

サプリなので副作用のリスクがないから

増大サプリの成分は、植物由来の成分がメイン。

先ほどのシトルリンはスイカ、アルギニンは肉類や大豆に多く含まれる成分なんですね。

基本的には食物アレルギーがなければ、誰でも飲めるのがいいところ。

食べ物から作られている成分であれば、副作用のリスクを心配する必要がありません。

増大サプリは、1日1回数錠飲むだけのお手軽さ。

これなら飽きっぽくても、続けることができますよね。

間違った増大方法には気をつけよう!

増大の正しい方法と間違った方法を紹介しました。

巷にはたくさんの増大の方法はありますが、間違った方法もたくさんあるのが正直なところ。

効果がないばかりか、ペニスに損傷が起きて、二度と増大や勃起ができなくなるリスクもあるんですね。

すでに、増大を実践しているけど効果が期待できない場合、本当に正しい方法なのか確認するようにしましょう。

もし、間違った方法と気づいたら、早めに正しい方法に切り替えれば、まだまだ増大の可能性は十分にありますよ。

そのためにも今回の記事を読んで、正しい増大の方法を身に着けてくださいね。